ペップトーク ロゴ

ビジネス現場で
部下の育成チームビルディングに

一般財団法人 日本ペップトーク普及協会
ペップトーク ロゴ

教育現場で子供の自己肯定感を上げ
やる気を引き出す魔法の言葉がけ

一般財団法人 日本ペップトーク普及協会
ペップトーク ロゴ

スポーツの現場で選手のモチベーションを上げて
パフォーマンスアップ

一般財団法人 日本ペップトーク普及協会

名 前

 あだち せつこ

 

居 住 地

 鳥取県境港市

 

協 会 資 格

 

 講演講師

プロフィール

鳥取県米子市出身。

27歳から介護業界に入り、以後、高齢者介護、子育て支援、障害児支援に携わる。

2011年難病宣告、2012ALS(筋萎縮性側索硬化症)と確定診断を受け、現在は車椅子生活を送っている。

難病宣告で絶望し自殺を決意した時、友人からの1通のメールで再び生きる決心をする。そのメールが「ペップトーク」だった。

これをきっかけにペップトークを学び、【前向きな言葉で人生が好転する】ことを知る。

2016年から、自ら体験した【ペップトークの言葉の力】を全国で伝える活動を始める。

 

講 師HP

 

https://www.facebook.com/setsuko.adachi.9

 

   

対 象

■医療・介護

■障がい児・障がい者支援

■子育て

■人権教育

■生涯教育

 

 

講 演 実 績

【普及協会主催】

・岩﨑由純×あだちせつこ「自分らしく生きる講演会」(東京都)

・ペップトーカー×あだちせつこ「ことばといのちの講演会TSUNAGARU PEP」(鳥取県)

・「あだちせつこ講演会 言葉の力で自分らしく生きる 話和輪」(愛知県)

・岩﨑由純×浦上大輔×あだちせつこ「元気がはじける魔法の言葉 in 境港」(鳥取県)

・岩﨑由純×あだちせつこ「元気がはじける魔法の言葉 in 鳥取」(鳥取県)

・田中とも子×あだちせつこ「元気がはじける魔法の言葉 in 大阪」(大阪府)

 

【共催講演】

・浦上大輔×あだちせつこ「自分らしく生きるために身につけたい4つの力」(大阪府)

・「自分らしく生きる ALSと乳がんになった私たちを救った言葉と仲間の力」(東京都)

・徳武有紀×あだちせつこ「ママのためのペップトーク」(長野県)

・井上多栄子×あだちせつこ「自分らしく生きる 言葉と笑いのペップトーク」(兵庫県)

 

【医療福祉関係】・ 社会福祉法人博愛会(鳥取県)・ミライシニアワーケアセンター(愛知県)・ 株式会社アップヒンド(愛知県)・三朝温泉病院(鳥取県)・社会福祉法人あそか苑(兵庫県)・熊本機能病院

 

【行 政】・パルクとよた(愛知県)

 

【学 校】・鳥取県立岩美高等学校・鳥取市立河原中学校・北栄町立北条小学校PTA・鳥取県高等学校保健研究協議会

 

【その他】・メットライフ生命(大阪府)

・アタマカラダ元気会(北海道)・NTT労組中国総支部(広島県)

・鳥取県民間介護事業者連絡協議会・菅公学生服株式会社 他

 

講演回数・

セミナー回数

10回以上

講演(6090分)のみお引き受けしております。

テーマ

1、言葉の力でつながる絆 ~ペップトークで今を受け入れる~

2、言葉といのちの講演会 ~自分らしく生きる~

3、だからこそ ~ペップトークの言葉の力~

4PEP TALKやる気を引き出す言葉かけ

 

ペップトークを

通して伝えたいこと

100字以内)

ペップトークは【今を受け入れること】から始まります。

自分自身がALSと共生する中で感じた「自分自身や相手を受け入れるにはどうしたらよいのか」をペップトークの言葉の力を通じてお伝えしています。

 

 

 

ポリシー(座右の銘)

・生きてるだけで丸もうけ

・おかげさま

 

趣味・特技

・音楽鑑賞

・カラオケ

 

   

講師の想い

200300

難病宣告後、ペップトークと出会って6年になります。

もしあの時、ペップトークに出会っていなかったら、こうして生きていることはなかったと思います。

この間、たくさんの葛藤がありました。それを乗り越えられたのはまさに【ペップトークの言葉の力】と【支えてくれる家族・仲間の存在】でした。

自分自身が前向きな言葉を使い、どんな状況でもまずは【受け入れる】ことができるようになって、今は穏やかに淡々と生きることができています。

私の体験から【ペップトークの言葉の力】の素晴らしさを感じていただけると幸いです。

 

あだちせつこ講師プロフィール
あだちせつこ講師プロフィール.pdf
PDFファイル 489.5 KB