ペップトーク ロゴ

ビジネス現場で
部下の育成チームビルディングに

一般財団法人 日本ペップトーク普及協会
ペップトーク ロゴ

教育現場で子供の自己肯定感を上げ
やる気を引き出す魔法の言葉がけ

一般財団法人 日本ペップトーク普及協会
ペップトーク ロゴ

スポーツの現場で選手のモチベーションを上げて
パフォーマンスアップ

一般財団法人 日本ペップトーク普及協会

    自分に自信がない学生がペップトークを知った結果

    キャリアコンサルタントの資格を持つペップトーク講師

    の体験談です。

     

     

    面接前の大学生と話をしているとネガティブな発言が多く

    自分に自信が持てていない学生が多いなと感じるそうです。

     

    行動できない

    冷めている

    いつも緊張する

    失敗したくない

    友達が少ない

     

    会話の中でこんな言葉がよく出てくると。

     

     

    そこでその講師はペップトークの

    とらえかた変換を教えてあげます。

     

    「行動できないっていうのは

    慎重に物事に取り組むからだよね。」

     

    「冷めてるって言うのは

    冷静に客観的に見る能力があるって事じゃん。」

     

     

    同じ様に

    いつも緊張する

    →それだけしっかり真面目に取り組んでるんだね。

     

    失敗したくない

    →成功したいって思ってる証拠だよね。

     

    友達が少ない

    →ひとりひとりと深く付き合うんだね。

     

    このようにとらえ方を変えて伝えてあげると

     

    ・うつむき加減だった学生が目を見て話してくれる

    ・笑顔が増える

    ・何かから開放されたように泣きだす

    ・その後自分の長所がどんどん出てくる

    ・親や置かれた環境への感謝の言葉が出てくる

     

     

    などの変化が見られ、更には

     

     

    ・履歴書がすぐ書けるようになった

    ・履歴書の中の長所がすぐに書けるようになった

    ・面接練習などの就活への意欲が出てきた

    ・姿勢がよくなった

     

    などの感想をもらえたそうです。

     

     

    このように見方を変えると

    欠点だと思っていた部分も自分の強みに変わります。

     

    自分には強みがあると思えると

    その後の行動や在り方も変わってきますよね。

     

     

    強みがあると思えたら行動は自然と

    ポジティブなものになっていくのではないでしょうか。

    強みがあると思たら自己肯定感が

    上がるのではないでしょうか。

    そうなると毎日の充実度や

    その人の幸福度も上がると思います。

     

     

    事実は1つでもその解釈は無数にあります。

    あなたにもし欠点と思っているところあるのであれば

    とらえ方を変えて強みにしてみませんか?

     

    あなたの周りに自分には長所は無いと言っている人がいたら

    とらえ方変換を教えてあげてください。

     

    きっと良い変化があらわれます。

     

     

    どうすれば良いのかわからないという方、

    欠点を強みに変えるとらえ方変換は

    セルフペップトークセミナーで学ぶことができます。

     

    またセミナーに過去に参加したけど

    どうするんだったっけ?という方。

    2度目の受講は半額で

    3度目のサポート参加であれば無料で

    参加することができますよ。

     

     

    お近くで開催されているセミナーに是非お越しください。

     

     

    今日も最後まで読んで下さりありがとうございました。