ペップトーク ロゴ

ビジネス現場で
部下の育成チームビルディングに

一般財団法人 日本ペップトーク普及協会
ペップトーク ロゴ

教育現場で子供の自己肯定感を上げ
やる気を引き出す魔法の言葉がけ

一般財団法人 日本ペップトーク普及協会
ペップトーク ロゴ

スポーツの現場で選手のモチベーションを上げて
パフォーマンスアップ

一般財団法人 日本ペップトーク普及協会

徳武 有紀 講師

名前 徳武 有紀
居住地 長野県長野市
協会資格 セミナー講師、講演講師
プロフィール

大学卒業後、京都・大阪で高校教員(保健体育)3年。

結婚のため長野に移住、1男1女の子育て25年以上。

身体を整えるコンディショニング中心の運動指導で、心にもアプローチ「心理学を学んでいるよう」と担当保健師からの依頼が増える。

20年以上にわたる介護予防教室で、高齢者の気持ちや生き方に学ぶ。

 

ペップトークに出会い、自分の過去を認め、未来のビジョン「子ども・子育て応援」を明確に描く。20年以上の子育て支援学級の講師の経験から、親も子も今の時代に必要なコミュニケーションスキルを磨き、自己肯定感を持てることがより重要とペップトークを普及。子どもや親、指導者に、日々の生活での気づきを促し、生き方を共に考える「キッズペップ講座」も展開。

講師HP 徳武有紀氏 HPはこちらから
対象

■子育て

■園・学校(保護者・保育者・教員)

■学校(学生)

■スポーツ団体・指導者

■介護施設(職員・家族)

 

講演実績

住友ゴム工業株式会社、安曇野市立明科中学校、長野市戸隠公民館、

長野市PTA連合会・西部ブロック、

ココロとカラダのサポートセミナー堺支部

NPO信州からだのき・ほ・ん楽習会(長野・佐久・須坂)、

E-NAGANスポーツクラブ(長野市)、JoyKidsスポーツ教室(茅野市)、

長岡市ひだまり整骨院、

高齢者・認知症の人と家族の生きがい支援研究会、

まま・ぷれ、ゆーゆー子育て広場(ブラッシュアップ含め複数回)

講演回数・セミナー回数

講演、年10回ほど。

「キッズペップ」「受験ペップ」「孫ペップ」など小規模講座も開催。

長野市内保健センター、スポーツ課、社会福祉協議会、老人ホームの教室内で多数普及。

今後は、講演、セミナーとともに少人数講座開催予定。

テーマ

・子どもの幸せの土台作り~ペップトークで言葉を磨く~

・言葉の力「ぺップトーク」で心からの応援をしよう!

・「生きいて下さってありがとう」介護前後の前向きな言葉がけ

 

ペップトークを通して

伝えたいこと

「生きる力」の根っこを丈夫にすることで、あなたのことが大事だよ、自分の事も大切にするよ、そんな当たり前のことができたなら、やさしい世界が広がるでしょう。「子どもを信じる」大人であり続けたいと思うのです。

ペップトーク以外の

テーマ

・コアコンディショニング

・発育発達エクササイズ

・赤ちゃんの発達講座

ポリシー(座右の銘)

過去と他人は変えられない、未来と自分は変えられる

趣味・特技

旅、ステージ鑑賞、スキー

講師の想い

「家の中でもっと笑っていたい」いつも不機嫌な私を作り出していたのは、子どもでも夫でもなく、自分自身でした。

「ペップトーク」は1つのきっかけ、気づきです。子どもの描く未来に、どんな言葉を届け、どう寄り添っていくのか、いつも大人が試されているように感じます。高齢者にしても、職場の仲間にしても同じです。

どんなコミュニケーションをして、ごきげんな人生にしていくか。相手を許し、自分を癒し、言葉を見つめるペップトークで、心の根っこをつくります。家族や周りの大切な方々と、笑顔でいられる喜びを手に入れましょう。

徳武有紀講師プロフィール
徳武有紀 講師プロフィール ペップ.docx
Microsoft Word 43.1 KB