ペップトーク ロゴ

ビジネス現場で
部下の育成チームビルディングに

一般財団法人 日本ペップトーク普及協会
ペップトーク ロゴ

教育現場で子供の自己肯定感を上げ
やる気を引き出す魔法の言葉がけ

一般財団法人 日本ペップトーク普及協会
ペップトーク ロゴ

スポーツの現場で選手のモチベーションを上げて
パフォーマンスアップ

一般財団法人 日本ペップトーク普及協会

三井 みほこ 講師

名 前

三井みほこ

 

居 住 地

東京都世田谷区

 

プロフィール

千葉県出身、世田谷区在住。

大学卒業後、全日空で客室乗務員として働く。その後子育てに専念。徐々に子育て相談や認知症予防関係のNPO活動に携わっていく。認知症予防の講師や人材育成にも力を入れ、子どもたちも高齢者も現役世代も「元気で、笑顔あふれる社会にしたい」という思いから、2019年まで世田谷区議会議員として活動。その間認知症の義母の介護も経験。現在は、高齢者を必要な看護・介護サービスにつなぐ仕事に従事。

自ら言葉の力を実感し、ペップトークを多くの方に知っていただき、元気を届けたい思いで活動中!

 

対 象

保護者。中学生、高校生。
医療介護従事者。介護しているご家族。

 

テーマ

「言葉の力~あなたは大切な人にどんな言葉を送りますか~」

「やる気を引き出す言葉がけ」

 

ペップトークを

通して伝えたいこと

100字以内)

言葉には力があります。ポジティブな言葉がけを身につけて、自分自身を元気に。そして大切な人の夢の実現、目標の達成を心から応援するドリームサポーターになっていただきたい。

 

ポリシー(座右の銘)

「人あってこその自分」

 

趣味・特技

ガーデニング

アロマテラピー

 

講師の想い

 

人生初めての大きな挫折を経験した時、多くの方々から、励ましの言葉をかけていただきましたが、心は重くなるばかりでした。そんな日々、ある時友人が、優しいまなざしで、「大好き」と一言言ってハグしてくれました。あたたかく優しい時間が流れ、力が湧いてくるのを感じました。言葉の力を改めて認識しました。その時ハッと気が付きました。「励ましの言葉がつらい私は、かつての息子。私は心が重くなる言葉をかけていたんだ。」と。ペップトークを学び、多くの人を元気にしたいと思います。