ペップトーク ロゴ

ビジネス現場で
部下の育成チームビルディングに

一般財団法人 日本ペップトーク普及協会
ペップトーク ロゴ

教育現場で子供の自己肯定感を上げ
やる気を引き出す魔法の言葉がけ

一般財団法人 日本ペップトーク普及協会
ペップトーク ロゴ

スポーツの現場で選手のモチベーションを上げて
パフォーマンスアップ

一般財団法人 日本ペップトーク普及協会

ペップトーク実践園、実践校のご紹介

栃木県足利市 社会福祉法人 法光会 やままえ保育園様 

 

神奈川県横浜市 学校法人捜真学院  捜真女学校中学部・高等学部

 

ペップトーク実践の取り組み

ペップトーク実践園 第1号栃木県足利市のやままえ保育園

 やままえ保育園にペップトークを紹介したのは、2年前の2017年になります。園のサポーターという形で園発展のお手伝いをしていた私は、園長の藤生先生から「園内を前向きな言葉に溢れさせたい」という話を聞き、「ペップトークという言葉の力で相手のやる気を引き出すテクニックがあります。良かったら職員研修の中でやりませんか?」と提案し実施したのが全ての始まりです。

研修を通して、短く・わかり易く・肯定的で・心(魂)を揺さぶる特徴のペップトークは園発展に欠かせないと確信を得た藤生先生より、定期的な研修の依頼を受け、度々職員にペップトークの研修を実施しました。

 

 当時の年長の先生はどちらかというとプッぺトーカーで、「うるさい」「走らない」「やらないなら、やめるよ」など悪気なく否定的な言葉が目立っていましたが、ペップトークの研修を受けてから少しずつ言葉に変化が現れてきました。 

 特に変化を感じたのは、10月の運動会に向けた練習中に「暑いけどみんななら出来る!」「全力でやっておうちの人を喜ばそう!」「今、集中だよ!」「格好良いよ!」など子ども達をやる気にさせる言葉を連発している姿を見た時です。 

 

そして、もっと園内にペップトークを溢れさせる為に職員、子ども、保護者、三位一体の「ペップトーク実践園」という取り組みを藤生先生に提案、承諾頂き、ついにペップトーク実践園第一号が誕生しました。 

【子どもの取り組み】

 年長向けペップ保育や日常の保育を通してペップな言葉の投げ掛けの取組を実施します。 

「跳び箱が跳べなくて落ち込んでいるお友達」など一つのテーマを、題材に相手の気持ちを考えどんな言葉が喜ぶか考える。など心の成長や、仲間作り、クラス作りに焦点を充てた保育を実施。 

繰り返す中で、クラスの中にペップな言葉が溢れ、友達の気持ちを考える言動が増えてきました。

【職員の取り組み】

定期的なペップトーク研修、園内での具体的な取り組み(ペップカードなど)

効果は上記の通りですが、特にオリジナルのペップカードは職員同士のモチベーションを高めるのに非常に効果的な取り組みです。

【保護者の取り組み】

年1回の保護者講演、ペップカードの実施

親から我が子へ、子どもから親へペップカードを渡す取り組みを実施。我が子の良いところを見ようという意識が根付いてきました。 もらう子どもも大変喜んでいます。保護者講演は毎年6月に開催、なぜポジティブな言葉がよくてネガティブな言葉がいけないのか聴いて頂くことで家庭での言葉かけを振り返る良い機会になっています。

今後も三位一体でのペップトーク活動を続けて、自分も含めて、関わる人の自己肯定感をあげる取り組みをしていきます。